美容整形の鼻

そしてその型をもとにしてシリコンを作っていきます。美容整形の鼻に手術については色々と方法がありますが、一般的には隆鼻術としてプロテーゼを入れる手術が一般的です。

他にも美容整形の鼻の方法としては鼻翼縮小という方法があります。鼻が横に大きな人や穴が大きな人に向いている手術です。

ヒアルロン酸と麻酔を一緒に入れたものを注射するので痛みもないのですが最初にちくっと痛みがあるくらいで5分ほどで終わります。そして高さなどを調節したうえでプロテーゼを入れていきます。

傷あとというのは鼻の穴の中にありますから外から見た目では美容整形をしたと気が付きません。鼻のコンプレックスを感じている人の中には、ワシ鼻に悩んでいるという人もいると思いますがこの場合にも美容整形で修正が可能です。

ヒアルロン酸はもともと体の中にある成分で、これを鼻に入れるだけで鼻が自然と高くなるという方法です。これは鼻の皮膚の下にプロテーゼを入れるのですが、プロテーゼというのはシリコンで作られた人工の軟骨です。

ヒアルロン酸は、のちに体に吸収されるので半年から1年後に又受けなければいけないデメリットはあります。どのような流れで行われるのかというと、施術を受ける前に鼻の型を取ります。

他にも鼻劣修正という方法もあり、一般的によくいわれるだんご鼻を改善させる美容整形の方法です。これを入れることで鼻を高くできる美容整形の方法の一つです。

プロテーゼは後でとり出すことも可能です。次に美容整形の鼻の手術としては、ヒアルロン酸注入もあります。